中古車の美の追求

時代の移り変わりによって車はどんどん変化しています。機能性もよくなり低燃費で走る車が次々と登場する中、車の名前が変わらないものもあるのです。各メーカーによってその名前の変わらない車は、定番であるとともに買い替える場合も同じ車名の車を買い替えるという人も多くいるほど愛好家にとっては定着している車名なのです。
その外見が好き、運転席などの内装が好き、ライトの独特の形が好きなど、モデルチェンジをしても変わらない味がある車ですが、それらの定番車を乗り換える愛好家の中にもどの型式が好きだというこだわりがあります。今の形ではなく、何年代に走っていたこの形が好きだとか、あのライトじゃなくちゃ嫌だとか愛好家ならではのこだわりというか我儘もまたあるのです。

車は現代人の私たちにとっては足であり生活の一部になっているところが多くあります。乗っている車を見て人のなりを判断することも大いにあるのです。高級車に乗っていれば、生活にゆとりのある人なのではないかと想像力を働かせることもあります。型式の古い車に乗っている人を見かければ、綺麗に丁寧に乗っているんだと感心することすらありますし、型式の古い車は、道路を走っているだけで男女問わず人目を惹きます。
もちろん、いわゆるアメ車と呼ばれる巨大な車を見かけると、足を止めて引き寄せられるように人が集まっていくこともしばしばですし、祭りの会場などで展示してあれば尚更のこと、老若男女問わず羨望の眼差しを向けるのです。

型式が古い、高級車に乗るという願望が手に届くところで実は叶うことをご存知でしょうか。まるで新車のようにあつらわれた車は、実は中古車かもしれないことを誰が想像するでしょう。実際のところ、新車で大好きな型式の車はなかなか買うことは難しいのです。
なぜなら、次々にモデルチェンジがある定番車は古い型式を新車での購入は難しく、また台数が限られている既に生産中止になっている絶版の車もあるからなのです。それらは、捜すことはもちろんひと手間必要ですが、中古車として新車で購入するよりも安価な本体価格での購入が実現されるのです。購入者にとっては欲しい車がお買い得なわけですから、見つかった喜びと合わせて二重の喜びとなるでしょう。

ページの先頭へ